Skip to content

産廃の取り扱いには許可申請が必要

産廃、いわゆる産業廃棄物を取り扱うためには許可申請の手続きが必要です。

これらは非常に複雑で難しい手続きとなるため、地方の行政書士やその事務所が、産業廃棄物の許可申請代行としてサービスを実施している事があります。中には産廃の申請関連に特化した事務所も存在しているのです。産廃を取り扱う仕事として、産業廃棄物収集運搬業があげられます。この仕事を行うためにも、許可申請は必要です。許可を受けるためには、厳しい要件を満たす必要があります。

まず運搬車両の画像や車検証、そして廃棄物を入れるための容器がどのくらい用意されているかを提示しなければなりません。加えて、今後の事業計画に無理がないか、継続性があるかなどを確認するために、決算書などの提出が必要となります。産廃許可申請を行ってから、実際に申請がおりるまでには大体60日程度かかると言われています。さらにこれらの有効期限は5年間であり、更新を行う必要があるのです。

そのため事前に提出書類をそろえたりするなどの準備が必要です。実業務に専念したい、役所まで行く時間がないという業者は、行政書士などが提供する代行サービスを利用しています。こういった専門家に依頼すれば、定期的な更新も忘れず行う事が出来ます。書類の記入ミスなども発生しないので、安心して業務に専念できるのです。申請を行っていない業者が産廃を取り扱うと、不法投棄などの恐れがあります。申請作業は必ず行わなければならないのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *