Skip to content

産廃の許可申請はプロに任せた方が安心

産廃の業者になる時には、役所に許可申請を行わなければ産業廃棄物の取り扱うことが出来ないのです。

役所に出す、産廃の許可申請は書類が複雑で法律に詳しくなり人が、行うと時間ばかり掛かってしまいスムーズに行きません。もちろん書類に不備があれば、産廃の許可申請は却下されてしまうので、産業廃棄物の仕事が行うことが出来ません。そのため、多くの業者が産廃の許可申請の書類をプロである、行政書士に依頼するケースが多くあります。

行政書士は、法律をきちんと理解したプロなので任せれば書類の作成をスムーズに行ってくれるので、書類の作成に時間を取られることはありませんし、プロが作成した書類なので役所に出した時に申請が通らないという心配がないので安心です。とくに、複数の都道府県で産廃の許可申請をしようとすれば、都道府県によって申請のルールが違うので、業者の人が自分でやるには複雑すぎます。

プロである行政書士に任せれば、書類や手続きに掛かる手間や時間を削減することが出来て、他の業務を行うことが出来て効率が上がります。行政書士に依頼すれば費用は掛かりますが、その分だけ他の業務に集中出来ますし、手間を考えればプロに任せた方がいいです。また最近では、最初に申請するだけではなく定期的に更新の手続きをしなければいけません。最初の申請の時に、行政書士を探して依頼すれば更新の時もきちんと手続きを行ってくれるので、また新たに行政書士を探す必要はありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *