Skip to content

産廃許可の申請を賢く行う方法について

他社が出した産業廃棄物を回収したり、処理するにはその地域の自治体から許可を貰う必要があります。

そんな産廃許可の申請ですが、基本的には自力で実行する事が可能です。なので産廃事業を開始する際の経費を出来るだけ抑えたいと考える人の中には、申請を自力で行おうと考える人もいます。所がその選択は、余り賢いとは言えないので注意すべきです。産廃の許可申請を行うためには、ややこしい申請書類を何枚も作成しなければなりません。それも定められた形式に従って、丁寧に作成する必要があるので厄介です。更に書類を正しく作成するには、産業廃棄物処理法を中心とした法律的な知識も必要となります。

お陰で初心者が見様見真似で行おうとしても上手く行かなかったり、酷く時間が掛かる恐れがあるので注意が必要です。認可されたとしても申請方法を誤っていると、まともに業務を行えないケースも生じたりします。だからこそきちんと正しく申請を行いたいなら自力で行うのではなく、専門家である行政書士に依頼すべきです。

行政書士であれば法律の専門知識を持っているので、産廃許可の申請書類もスムーズに作成する事が期待出来ます。同時に申請書類の作成にも手慣れているので、思わぬ形で間違った申請を行うといったトラブルも回避可能です。その上、選ぶ司法書士によっては依頼したその日に産廃許可の申請を完了して貰えます。この様に正しくスムーズに申請を行えるので、素人が無理して自力で行うよりも司法書士に依頼した方が賢いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *