Skip to content

産廃業の許可申請は複雑で大変

産業廃棄物収集運搬業(産廃業)をスタートするためには、管轄する市町村から許可をもらわなければなりませんが、かなり複雑で大量の必要書類を揃える必要があります。

そのために初めての人が個人で許可申請を行うのはかなりハードルが高くなります。多くの事業者は行政書士などの専門家に代行してもらい、スムーズに事業をスタートさせることができるようにしています。産廃業の許可申請には申請書だけでなく、事業計画書をはじめとする多数の添付書類があり、これを揃えるのがとても大変なのです。というのも法律の知識がなければ書類を作成することができなかったり、何度も行政担当者に問い合わせをしなければいけなくなったりするでしょう。

というのも都道府県ごとに書類の作成方法が異なるからです。また、窓口に提出した後、一度で受理されれば良いですが、不備があると何度も通わなければならないかもしれません。このような手間と時間のロスを避けるためにも、行政書士に代行してもらう事業者は多いのです。

なお産廃業と一口に言っても、扱う産廃の種類は複雑です。一般家庭で出る不用品の回収程度であれば、比較的簡単かもしれませんが、産業廃棄物は様々な法律によって管理されているので簡単ではないことは容易に想像できるでしょう。しっかりとした法律の知識も必要ですし、財団法人日本産業廃棄物処理振興センターが実施している産業廃棄物処理業許可講習会を受講する必要もあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *