Skip to content

産廃業許可に必要な購入会とは?

産廃業の許可を申請するためには、産業廃棄物処理業許可講習会を受講し、終了証を添付しなければなりません。

この講習会では、産業廃棄物を適正に処理にしていくために必要な専門的知識と技能を習得することを目的としたもので、法人の場合は代表者や業務を行う役員などが、個人の場合は申請者本人が講習を受けることになります。この講習会は公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センターが実施しており、年間スケジュールが決まっていますので、忘れることのないようにしましょう。

うっかり忘れてしまうと、次の年まで産廃業の許可申請ができないこともあり得ます。産業廃棄物の収集及び運搬課程は2日間、産業廃棄物の処分課程は3日間の日程で行われますが、同時開催の場合は合わせて3.5日間となります。また特別管理産業廃棄物の収集及び運搬課程は3日間、その処分過程は4日間、同時開催は4.5日間です。

いずれにしても産廃業許可申請に必要な購入会は、1日で終了しないことからもわかるように、かなりの知識が必要となります。講習会の最後には修了試験もあります。これに合格してやっと終了証が授与されます。ところで、もし試験に落ちてしまった場合はどうなるのでしょうか。落ちてしまった場合は、再試験を受験するチャンスが2回与えられます。考えてみると、1回目の試験は講習会後に行われるので、じっくり勉強する時間がありません。2回目以降であればきちんとテキストを読み直してから試験を受けることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *