Skip to content

産廃業許可申請は自力でやってはいけません

産廃業は誰でも勝手に行って良いというものではありません。

ちゃんと都道府県から許可を得て営業しないと、法律違反になってしまいます。産廃業の許可申請をするには、申請書をはじめ事業計画書など様々な書類を作成して提出しなければいけません。作成するためには法律の知識なども必要になってくるので、自力で作るのは現実的ではなく、行政書士などの専門家に依頼して代行してもらった方がいいでしょう。専門家に産廃業の許可申請を依頼すれば、時間・手間を大幅に節約することができます。

ほぼ丸投げでOKですから、自分は開業の準備など、本業へ集中することができます。また、専門家に依頼するメリットは、時間・手間を節約するだけではありません。産廃業に関わる様々なアドバイスを得ることもできる場合が多いです。産業廃棄物関連の業界は、不法投棄などが社会問題になっていることもあり、行政当局の管理がけっこう厳しくなっています。許可を取ったからといっても、いいかげんな営業をしていると、許可を取り消されてしまう可能性も否定できません。

取り消されると、その後しばらくは取得できなくなるので、事業が存続できなくなることもあります。このような事態にならないために、良心的な専門家は色々とアドバイスをしてくれるでしょう。また、行政書士などの専門家は、弁護士や税理士などの他の専門家とのパイプを持っていることも多いので、何かあった場合にそのような方たちを紹介してもらえるメリットもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *