Skip to content

産廃を扱う場合に必要な許可

事業として産業廃棄物の処理を行う場合には、行政の許可が必要になります。

申請すれば誰でも簡単に許可されるものではなく、慎重な扱いが行えるような一定の要件が必要が必要です。産廃を処理するための許可を得るために必ず必要になるのは、処理をするための専用の施設の存在です。産廃の中には高い安全性を保持して処理しなければいけないものあることから、安全性の確保された施設を利用することが必要になります。こうした施設の安全性を判断するうえで重要になるのが、環境省で定められている基準です。

基準が満たされていない施設の場合には、十分に安全な環境で処理ができない場合があるので、必ず定められた基準を満たす必要があります。安全性を確保するために特に注意しなければいけないのが、産廃の処理における設備の能力です。産廃の中には強い臭いを発するものもあるために、こうした臭いが周囲の環境に広がらないための設備も必要になります。

また土壌を通して有害物質が広がるのを防ぐために、有効な対策も求められています。また風や雨などの自然条件により、施設の外部に産廃が拡散することを防止することも求められていて、こうした厳格な条件を満たした処理施設を運営している業者だけが、正式な許可を受けることができます。また、許可を得るためには施設を運営する人間の管理能力も重要な判断要素になります。廃棄物を安全に収集することができるように正確な知識を持っていることが求められています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *