Skip to content

産廃収集運搬業の許可を得るために必要なこと

産業廃棄物(以下、産廃)を収集し、運搬する事業を行うためには廃棄物の積み下ろしを行う自治体の許可を得なければなりません。

この場合、産廃を積載地(排出事業者の所在地)と荷降地(処分事業者の所在地)の両方の自治体に対して許可を得ておく必要があります。この場合、通過するだけの自治体の許可は必要ありません。近年はコンプライアンス(法令順守)の意識も高まり、許可申請は年々増える傾向にあります。では許可の要件はどのようになっているのでしょうか。まず収集運搬に必要な施設があることが必要です。

産廃の収集運搬は廃棄物が飛散したり流出したり、悪臭が飛散するおそれのない方法で行う必要があるため、それらを防止する施設や設備を備えることが求められているのです。そのため収集運搬するのに適した容器や車両、船舶を使用して収集運搬すをすることが必要となります。また環境大臣認定の講習会を受講することも必要です。全国各地で開催されていますが、開催日程はばらばらで定員もあるため、急いで講習を受けたい場合は遠方の開催場所まで泊りがけで行く必要があります。

このため日程に余裕を持って受講するようにしましょう。さらに申請には経理的基礎を有することが求められます。これは産廃の収集運搬事業を的確に、かつ継続して行うことが可能な財政能力があるということを意味します。具体的には、利益が計上できていて、かつ法人税・所得税を滞納していないこと、債務超過の状態でないことが必要です。そのほかの要件としては、禁固以上の刑を受け、5年を経過していない場合などの欠格要件に該当しないことが挙げられます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *