Skip to content

産廃の許可申請に関して

産廃は通常のゴミと比べると、燃やすと有害な物質を放出したりするものが多いので、特別な手順を経て処分されることになります。

まずは、許可申請をする必要があります。例えば、東京に住んでいる場合では、指定された受付場所まで行くことになりますが、事前に電話予約を入れておかなければなりません。この時点で2件以上の産廃を捨てる必要があるのならば、そのことも伝えるようにしましょう。何かわからないことがあるような場合には、電話で疑問点を尋ねることができるので、捨てるのが初めての方でも安心です。

許可申請の書類はパソコンから産廃を扱う公共団体のホームページ内にアクセスして印刷をすることができるので、予め記入をしておくと良いでしょう。記入の仕方に関しては、記入がわかる例も掲載されているので、併せて印刷しておくと簡単に記入作業を進めることができます。受付時間に関しては、一日中営業しているわけではないので時間を確認しておきましょう。

産廃は特別なゴミになるので、手数料が高いです。許可申請をしてそれが認可されれば、産廃を捨てることができるようになる仕組みなのでその基準を満たしていないような場合にはその理由をきちんと確認してから再度申請をすることになります。さらに、変更したい場合には、変更手続きを行う必要があるのでその場合でも、先ほどのように専用の書類に必要事項を記入していきます。安全にゴミを捨てるために手続きが複雑になることもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *