Skip to content

産廃の許可申請は専門家に任せましょう

産廃の許可申請をスムーズに行うには知識と経験が必要になります。

自ら産廃の許可申請を行うことも可能ですが、専門家である行政書士に任せた方が効率的です。産業廃棄物処分業を開始しようとしている企業が自ら許可申請を行う場合も、なるべく事前に専門家と相談した方が安心できます。収集運搬業だけならば申請書を自治体に提出するだけで許可を得ることができますが、産業廃棄物処分業の許可を受けるには一定の条件を満たさなければなりません。

土地や機械などを調達する前に、許可の条件をしっかり確認することが大切です。収集運搬業務と処分業務で取り扱う産業廃棄物には普通産廃と特管産廃の2種類が存在します。処分業における事業区分には中間処理と最終処分があります。収集運搬業務では廃棄物が排出される都道府県と、搬入される都道府県に許可申請を行います。途中で廃棄物が通過するだけの自治体からは許可を得る必要がありません。中間処理業を始める場合には許可申請の方法や条件をしっかり確認することが大切です。

自ら申請することも可能ですが、不安な場合には専門家である行政書士に任せると良いでしょう。各行政書士事務所には得意な分野があります。産業廃棄物関係の申請手続きを専門とする行政書士事務所を選べば、許可の取得後も相談に乗ってもらうことができるので安心です。また産廃の許可を専門とする行政書士は手続きが早いので、業務を効率的に進めることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *