Skip to content

産廃業の許可申請を代行してもらう魅力

業者の人が産業廃棄物の回収や運搬を行うには、許可を得なければなりません。

無許可で産業廃棄物を取り扱うことは、出来ません。その許可を得るのは、都道府県の知事に許可を得ることになりますが、その手続きは役所で行います。産廃業の許可申請は、財務諸表などの必要な書類を集めて必要な書類を作成したから役所に提出します。しかし、必要な書類を集めるのも大変ですが書類の作成も複雑で素人がその書類を作成するのは、時間と手間が掛かってしまいます。

そのため多くの業者が、書類作成のプロである行政書士に産廃業の許可申請を代行してもらうケースが、増えています。行政書士に産廃業の許可申請を代行してもらうことで、業者の人は面倒な書類作成や必要な書類を集める必要もなく、他の業務を行うことが出来るメリットがあります。また許可の手続きが終わっても、定期的に更新手続きを行わなければならず、産廃業の許可申請を代行してもらった行政書士の人にそのまま、更新手続きなどを行ってもらえば、業者の人は更新手続きの時にまた新たに行政書士を探さずに済みます。

ただし、全国には数多くの行政書士がおり産廃業の許可申請の実績のない人もいます。同じ依頼をするのなら、誰でも多くの実績のある行政書士の方が安心して依頼をすることが出来るはずです。そのため、代行を依頼する時には複数の行政書士を探して実績ある人を選ぶことが大切です。実績のある人なら、業者の人も安心して任せることが出来ます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *