Skip to content

産廃業の許可申請のために行う準備とは

産業廃棄物は一般的な廃棄物もあれば、医療系や建築系などの汚染物もあるなと様々です。

汚染された廃棄物は特別管理産業廃棄物に含まれるため、一般的な回収業者ではなく指定品目を回収することができる回収業者に依頼しなければなりません。産廃業の許可申請についても指定品目の廃棄物を取り扱う場合、回収および輸送する事業では特別管理産業廃棄物収集運搬業と呼ばれている産廃業の許可申請が必要です。して品目になると取り扱いに注意を要することから、輸送に利用する車両への規制および保管施設の配備など、様々な部分で制限事項を守らなければなりません。そのため、一般的な産業廃棄物の産廃業許可申請よりもハードルが高くなります。

収集運搬の事業を行う場合、積み替えなどがない従事者は廃棄物を運ぶためのトラックを用意します。車両が産業廃棄物を輸送するのに適しているのか否かは審査の基準になる部分です。指定された車両の写真を撮影する、各種書類の作成を行いますが、産廃業の許可申請には事業計画書の提出も必要になるなど多くの時間がかかります。そのため行政書士を利用して書類作成から申請手続きを依頼する人が増えているのです。

経験を多く持っている行政書士を選んでおけば、車両の写真撮影時にも協力して貰えますし、事業計画書の作り方などのアドバイスを受けられるメリットもあるわけです。代行を利用すると費用は必要になりますが、様々な書類作成で時間を使うことを考えると利用した方が良いと考える人も多いのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *