Skip to content

産廃業の許可申請を行うための条件について

産業廃棄物収集運搬業の文字が記載してある収集車両を目にしたことがある人は多いかと思われますが、これは産廃業の許可申請手続きをきちんと行い、免許を取得している証しになる部分です。

軽トラ車両を使って住宅地の中で不用品回収を行う業者は、無許可で営業を行っているケースが多いと言われています。産廃業の許可申請を行っていないため、法律違反になりますし犯罪に相当するものとなるなど、利用すべきではありません。産廃業の許可申請は講習会を受講して、産業廃棄物についての知識を得ると同時に修了証が必須です。

修了証がなければ審査をして貰うことができませんので注意しましょう。また、産業廃棄物収集運搬は営業を行うエリアを管轄している自治体に対し、産廃業の許可申請を行わなければなりません。複数の都道府県で営業を行う場合、申請手続きも大変ではありますが、これを怠れば法律に違反する、犯罪を引き起こすことに繋がってしまうわけです。

ちなみに、従来は保険市ごとに申請が必要でしたから、それを考えればかなり楽になっています。川にかかる橋を渡れば別の市になる、その市で産廃業の許可申請を行って免許の交付を受けていれば産業廃棄物の受け入れや中間処理施設などに廃棄物を運ぶこともできます。しかし、許可を得ていない市での営業は無免許になってしまうため、営業エリア自体も狭くなりがちです。現在は各都道府県に対して申請を行い、審査に応じて免許の交付を受けることができるようになったのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *