Skip to content

産廃業の収集運搬業の許可申請とは

産廃業には収集および運搬を行うことができる、産業廃棄物収集運搬業と他の業者が運んで来た産業廃棄物を受け入れて、所定の処理を行う産業廃棄物処理業の2つにわかれます。

厳密には、医療系ゴミや工場などから出る廃液などの特別管理区分に該当する収集運搬業と処理業を含めると4種類にわけることができます。自社で産業廃棄物を集めて、自社施設で処分を行う場合は、2種類の産廃業許可申請が必要になりますが処分施設が産廃業許可申請を行うエリア内の場合は管轄を行う役職に対して行えば良いのです。

しかし、東京および神奈川県に処分施設を設ける場合は管轄区域が2箇所になるため、それぞれのエリアで産廃業許可申請を行わなければなりません。産業廃棄物処理業の場合、数ヵ所に処分施設を持つ業者は少ないようですが収集運搬業者は複数の都道府県で営業を行うなどからも、営業エリア毎に都道府県知事に対して産廃業許可申請が必要になって来ます。

申請を行う時には都道府県毎に行えば良いこと、収集や中間施設などでの積み卸しがない、単に通過するだけのエリアでは許可は要りません。例えば神奈川県と埼玉県で収集運搬を行う、東京の中は輸送だけの場合であれば東京都に対して許可申請をしなくても良いのです。但し、通過するだけの場所でも将来的に収集を行う予定があるのであれば、最初から許可を貰っておくと良いでしょう。申請書類を提出してから免許の交付が行われるまで時間を要しますので、最初に申請しておけば安心です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *