Skip to content

産廃業許可申請は産業廃棄物取り扱い従事者の義務

産業廃棄物とは会社が出すゴミの総称ですが、会社と一口で言っても色々な業種がありますし、業種に応じて産業廃棄物の種類も多岐にわたります。

病院から排出されるものには、注射針や治療に使ったガーゼなどが含まれているため、感染のリスクを持つなどから特別管理産業廃棄物で区分されているのが特徴です。特別管理区分になっているものは産廃業者の中でも、特別管理産業廃棄物収集運搬業の許可申請を行い、免許を持つ業者に依頼しなければなりません。工場が排出する有害な廃液や建築現場から出るアスベストなどは人体への影響が高いなどからも、取り扱いには十分な注意および配慮が求められます。

産廃業業者の許可申請には廃棄物の種類に応じて2種類にわかれているのが特徴です。管理区分に含まれる産廃物を取り扱う従事者は一般的な廃棄物の収集や運搬が禁じられており、逆に一般的な廃棄物を対応する産廃業許可申請では管理区分に含まれる廃棄物の取り扱いができません。仮に、両者の事業を行う場合は両者の産廃業許可申請が必要になることや、それぞれの事業に最適な収集車両の保有などが求められるのです。

営業を行う時には、区別をしっかりとつけるなども重要で、僅かな量だからと言って回収や運搬を行うことは法律違反になる、犯罪に相当します。産業廃棄物は細かな決まりごとが多いのが特徴ですし、規制も定期的に変わるなどからも免許の交付を受けたからと何もせずにいると規制違反になるケースもあるため注意が大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *