Skip to content

許可申請手続きは産廃業の事業の第一歩です

会社を設立する人の中には、産業廃棄物を取り扱う事業を始めようとする人も多いのではないでしょうか。

産業廃棄物とは事業系ゴミの総称で、オフィスや工場などから排出が行われる一般的な廃棄物もあれば、医療機関を始め、解体現場から出ることがあるアスベスト、有害な薬品を取り扱っている工場などから排出される廃棄物もあります。取り扱う廃棄物の種類や行う事業内容に応じて、産廃業の許可申請は4通りに分かれています。

例えば、オフィスや工場などから出る一般的なゴミを回収する場合は、産業廃棄物収集運搬業になりますが、医療系ゴミなどは細かな規制が設けてあるなど、特別管理産業廃棄物収集運搬業の許可申請が必要になるため、産廃業の事業を始める際には取り決めがあることを把握しなければなりません。必要な産廃業許可申請を行わずに営業を始めた場合、それは無免許で仕事をしていることになるわけです。

特に、特別管理の名が付いている事業を無免許で行うことは法律違反になるだけでなく、感染や汚染などの諸問題に発展してしまう可能性も高くなります。これらの廃棄物は、取り扱いに細かな規制が設けてあることや保管のためのルールや管理に厳しい取り決めが設けてあるため注意をしなければなりません。また、収集運搬業は営業を行う各都道府県に対して、産廃業の許可申請が必要になることも知っておかなければならないなど産業廃棄物の事業を始める前に色々な勉強を行う、知識を得ることが求められます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *