Skip to content

産廃業の許可申請は代行できるのか

産廃業とは企業が事業を継続する際に発生する不要物を回収し、適切に処置する業者のことです。

家庭ごみのように自治体が主体になって回収作業を行うものと違って産廃業はその多くが民間会社であり、適切な処置を行わなければ企業活動に支障を来たしたり、不法投棄によって自然環境を破壊する事態を招く可能性があるため、営業などの許可を受けるためには許可申請を行わなければいけません。産廃業の許可申請を受け付けているのは営業区域を管轄する自治体で、行政機関が承認を判断するために少しの不備も許されず、承認できない事由のために不受理となれば訂正した後に再び申請することになります。

再提出になると時間も費用も加算されてしまうため、そのような事態を避けるために専門業者による代行が認められています。この許可申請の代行は書類上の不備を是正する意味になり、最適な代行業者は行政書士があります。

同じような業務は司法書士や弁護士でも行ってもらえますが、費用面を考えると行政書士は作成した書類枚数によって費用が決められていてコストパフォーマンスがいいので、代行業者を選択する場合には多くのケースで利用されています。産廃業は経済発展と環境維持の観点からするととても重要な職種であり、許可を受けられないために営業が延期されるのはデメリットしかありません。慣れている会社であれば自分たちで申請書類を作成して全てを行ってもいでしょうが、少しでも不安を感じているのであれば、代行業者を活用するのはとても効果的です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *