webデザイナーになるためには

webデザイナーになるためには、どうすればよいのでしょうか。普段からwebを閲覧して、見た目が良いサイトや操作しやすいサイトをチェックします。ただ漠然と見るだけではなく、もう一歩踏み込んだ「なぜ見た目がよいのか」「どうして使い勝手がよいのか」観察するとよいかもしれません。サイト制作の法則や作法があって、優れたサイトを多く見ることで、だんだんと分かってくると思います。

webデザインといって「大変かも」と身構えることはないです。webの使用者は一般の人が大部分で、デザインのプロ向けではないからです。でも、パソコンやスマホ以外のデザインに関心を持ったほうがよいです。図書館の美術コーナーに通ったり、美術館も活用しましょう。

美術館と聞いて尻込みしてしまうかもしれませんが、デザイン展や写真展も開催されているので見に行き、デザイン感覚を養いましょう。webのコーディングは、HTML(エイチティーエムエル)とCSS(シーエスエス)によって行われます。webデザイナーはコーディング作業をしないかもしれませんが、実際にwebはどのように動作するのか、実際の足回りを理解しておいたほうがよいです。あと動画やアニメはFlashで動作するので、ぜひ押さえたい技術です。

無料で使用できるサイトやソフトがあるので、パソコンへインストールして実際に動かしてみましょう。webデザイナーには、ないと仕事ができないという資格はありません。でも自己啓発も兼ねて資格にも挑戦することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です